医道喜生クリニック
検査予約へ

休診日カレンダー

抗ミューラー管ホルモン検査

抗ミューラー管ホルモン(AMH)(料金:8,000円+税)

099302

卵巣の中の「卵子の在庫」が分かる検査です。

卵子は毎月卵巣で作られているわけではなりません。この世におぎゃー!と産まれる前に作られた「卵子のもと」が成熟し、毎月排卵しているのです。
若くて卵巣の働きに余裕がある時には1,000個とかの中から選ばれた卵子が排卵するのですが、年齢を重ねていくとだんだん「卵子のもと」が少なくなるし、老化もしますので、排卵のための選択する余裕がなくなってしまいます。
AMHは少し成長した「卵子のもと」から分泌され、後から発育してくる卵子の数を調節するといわれています。つまりAMHを測定することによって、1つの排卵する卵子はどれぐらいの在庫の「卵子のもと」から選ばれたものかがわかる=卵巣年齢が何歳くらいか推定することができるのです。

まだ新しい検査で健康保険がききませんが、検査自体は8,000円で調べることができます。
月経周期には影響を受けないとされています。結果が出るまでに1週間ほどかかります。

抗ミューラー管ホルモン検査


検査結果
AMHの値が表すのはあくまでも卵子の在庫の目安であって、質の善し悪しではありませんが卵子も年を重ねるのは事実です。
卵子の老化は実年齢に相関するため、同じAMHの値であっても、年齢が高くなればなるほど一般に妊娠への道のりは険しくなります。しかも、その状態でやみくもに治療をしても確率はあがらないどころか、卵巣をいじめることになると思います。
しかし、卵子も細胞レベルで元気にすることは可能なのではないでしょうか。年をとっていてもいきいきワクワク、若者より元気に生活している方がいらっしゃるように・・・。
私は前もってご自分の卵巣年齢を知ることは、適切な治療選択の目安となり、ならびに生活環境改善に繋がると思います。

ドクター自らが無料相談にメールで応じております。

当院の治療方針は、ご自宅に帰られた患者様を引き続きしっかりとサポートしていくことです。
ドクター自らがメールによる無料相談に応じておりますので、
ご不安やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

無料メール相談へ