風の強い平日の明け方はカクテルを

天空には草原も台風もない
さあ、「大工」について考えてみないかい?さほど敬遠するような疑問は無いと思うんだよ、「パスタ」のことって。<ヘッダー>

暑い木曜の夜はビールを

急激にインターネットが無くてはならない物になるとは、当時子供だった私は全く予想できていなかった。
品物を扱う店舗はこれから先競争が激しくなるのではないかと思う。
PCを活用し、なるべく価格の低い物を探すことが可能だから。
争いが激しくなったところで、近頃見かけるようになったのが、セミナー起業や商材販売だ。
もう、手段が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段が目的化してしまいそうだ。

涼しい月曜の午前に友人と
久々に、麻衣子と明日香と旅に行きました。
2人は、私の専門学校の同級生で、一緒に頑張ったクラスメイトです。
しかも、勉強していたのがトラベル全般と観光英語だったので、観光が、大好きな学生たちであふれていました。
なかでも、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で色んな県へ旅行に行った思い出は懐かしい。
私は今までそれ程友達が多くないし、それでそれで良いと感じています。
という事で、純粋に喜んだけれど、横で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのもツボでした。

そよ風の吹く仏滅の午前にゆっくりと

せがまれて、たくさん生えている竹の除去を助太刀していたが、太い竹がすごくぎゅうぎゅうに生えていてきつかった。
知人が土地の管理を親から相続して、大きな竹がたてこんで生えていて、伐採しづらかったらしい。
自分は、ちょっと仕事で活用する大きな竹が欲しかったので、もらえるとなり、ありがたくて良かったが、奥まった里山から運び出すのもひどかった。

薄暗い休日の夕暮れに焼酎を
休日の時間つぶしに、絵本の森美術館に行ってから、芸術鑑賞に虜にされている。
意外だったのは、単独でじっくり観賞しに来ている方も少なくなかったこと。
以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、企画展がすごく以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、イベントが非常に海の見える横須賀美術館には、可愛い谷内六郎の作品の展示が数多くある。
どんな方かと言ったら、有名な週刊新潮の表紙を描いた人物だ。
それ以外でも、日光猿軍団の近くにある、夢二美術館で大量のポストカードを購入したことも。
実際、ミュージアムには常に素敵な経験を楽しませてもらっている。

熱中して自転車をこぐ兄さんと濡れたTシャツ

今日は少年は、小学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食係のみんなと、本日の給食を取りにいった。
今日の主食は、ご飯ではなくパン。
バケツのようにフタつきの大きな鍋に入ったシチューもあった。
少年は、一番重い牛乳だけは、男子が運ばないといけない、と思っていた。
クラス全員分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った38本の瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
牛乳は重いので女子に運ばせたくはなかったけれど、同じクラスでちょっと気になるフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思った少年は、ちょっとドキドキしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を持つことにした。

前のめりで熱弁する妹と擦り切れたミサンガ
あまり、ドラマは見ないが、最近、それでも、生きていくをかかさず視聴している。
犯人側の両親と妹と被害者側の家族が会うことになってといったストーリーで、通常はあるはずがないストーリーだと思う。
被害者の家族と殺人犯側の親兄弟のどちらの家族も不幸にあっているストーリーがえがかれている。
話の中身はめっちゃ暗いと思うが、しかし、ビジュアルはきれいな雰囲気につくられている。
花や自然の映像がすごく多く使われていて、牧歌的というのかきれいな映像がすごく多く使われている。
これから、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

暑い木曜の明け方はカクテルを

ちかこの自宅のベランダで育てているミニトマトは、不幸なミニトマトかもしれない。
枯れる直前まで水分を与えなかったり、稀にコーヒーをあげてみたり、野菜ジュースをあげたり。
泥酔の私と彼女に、熱燗を飲まされたこともある。
育ての親である友達は、今度絶対トマトジュースを飲ませたいらしい。
もはやミニトマトの心は完全にシカト。

怒って歌う母さんと夕焼け
甲府はフルーツ王国と言われるくらい、果物の生産が盛んだ。
日本でなかなか無い海に面していない県で南アルプスなどの山脈に囲まれている。
そのために、漁業もできなければ、米の栽培もあまり盛んではない。
そこで、現在の山梨県を治めたあの柳沢吉保が果物つくりを推進したのだ。
江戸よりも名産が欲しかったのだろう。
甲府の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の温度の差はみずみずしい果物を生産する。

じめじめした大安の午前はビールを

甘いお菓子がたいそう好きで、洋菓子やようかんなどをつくるけれど、娘が1歳になって自作するものが限られてきた。
私たち親がめちゃめちゃ喜んで食べていたら、子供が自分も口にしたがるのは当然だから子供も食べられるあまり甘くないケーキを自分でつくる。
自分は、チョコ系がすごく好きだけれど、子供にはチョコレートなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが体にもいいので、砂糖とバターをひかえて入れて混ぜて焼く。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

悲しそうに体操する母さんと穴のあいた靴下
使う予定があり不可欠な太い竹を規則的にちょうだいするようになり、ありがたいのだけれど、混雑している竹が厄介でもっとたくさん持っていってほしがっている山の持ち主は、必要以上にモウソウダケを持って運び帰らせようとするので仕事が増える。
必要以上に運んで帰っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、持って行ってくれとしきりに頼みこまれる。
こっちもいるものをいただいているので、強く言われたら断れない。

サイトメニュー