医道喜生クリニック
検査予約へ

休診日カレンダー

婦人科系トラブル

子育て

月経困難症(月経痛)

月経の重さには個人差があり、まったく違和感がない人もいれば、仕事や学校を休まなければならないほどの痛みに悩まされる人もいます。
毎月のようにひどい月経痛がある場合は「月経困難症」といえるでしょう。
下腹部や腰の痛みのほか、頭痛、吐き気、発熱、めまい、倦怠感なども併発することがあります。


月経困難症が起きる原因の一つには、子宮内膜でつくられるプロスタグランジンという物質が作用しています。
この物質には月経血を体外に排出させるはたらきがありますが、急に分泌量が増えることで子宮が強く収縮し、痛みが生じるといわれています。


年齢が上がるにつれて月経は軽くなり、出産すると症状が消えることもよくありますが、ときには子宮内膜症や子宮筋腫などの病気がひそんでいることも。
鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらない場合は、がまんせずに婦人科へ相談しましょう。
当クリニックでは薬物療法や漢方療法のほか、痛みを和らげるセルフケア法なども指導しています。


月経不順

月経不順の原因はさまざまですが、多くの場合はホルモンバランスの崩れが関係しています。
とくに不規則な生活や過剰なストレスにより卵巣機能が低下すると、ホルモン不足におちいって月経の周期が乱れます。


月経の日数は、個人差もありますが一般的には5~7日続き、正常な周期では25~38日の範囲で次の月経がきます。
これより短い周期であれば「頻発月経」、長い周期であれば「揮発月経」といいます。
なかには初潮からずっと周期が短い(あるいは長い)という人もいますが、正常範囲よりずれていても規則的に月経がきているなら問題はないでしょう。


ただし、月経不順のなかには排卵が起きていないケースもあります。
この状態が続くと、不妊の原因になるだけでなく、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科疾患を引き起こしやすくなります。
まずは基礎体温表を3カ月ほどつけて自分の体のリズムを知り、排卵があるかどうかを確認することが重要です。


無月経

妊娠中や授乳中をのぞき、3カ月以上月経がない状態を「無月経」といいます。
18歳を過ぎても初潮が来ない「原発性無月経」と、月経があったのに止まってしまった「続発性無月経」に大きく分けることができます。


原発性無月経は、子宮や卵巣の先天的な異常や機能障害により、女性ホルモンが分泌されない、あるいは子宮の奇形による発育不全や染色体異常が原因です。


続発性無月経は、多くの場合が精神的ストレスや激しいスポーツを要因とし、ホルモンバランスが崩れることで起こります。
若い女性アスリートの間で無月経が広がり、問題視されていることはニュースにもなりました。


月経がこなくても生活には支障がないと症状を放置すれば、じょじょに重症化していきます。
無月経治療には女性ホルモンを補う薬物療法が一般的ですが、当クリニックでは詳細な検査データに基づいて無月経におちいった原因を解明します。
その原因を取り除くだけで、薬などを使わずに月経がはじまった症例はたくさんあります。また、正常な月経周期を取り戻すための生活習慣の改善ポイントも、必要に応じてアドバイスします。


月経前症候群(PMS)

女性ホルモンの分泌が急激に増える基礎体温の高温期には、さまざまな体調の変化が起こります。
とくに不快な症状が強くあらわれるのは、月経がはじまる1週間ほど前から。
下腹部の痛みや張り、体のだるさ、偏頭痛、手足のむくみといった身体的症状のほか、イライラしたり不安がつのったりと精神的にも不安定になりがちです。
このような症状全般を「月経前症候群」(PMS)といいます。


はっきりとした原因はわかっていませんが、ホルモンバランスの変化により自律神経が乱れ、ストレスが溜まりやすくなるとの指摘もあります。
毎月、不快な症状に悩まされるのは憂うつかもしれませんが、月経前の心身の変化は女性ホルモンが正常にはたらいている証拠であると前向きに受け止めましょう。
基礎体温表をつけて自分の月経周期を把握しておけば、体調が変化するタイミングがわかるので安心です。


当クリニックでは症状を軽くする治療に加え、カウンセリングにより精神的な不安をやわらげ、月経前の時期をうまく乗り切る生活上のアドバイスも行っています。


月経前不快気分障害(PMDD)

月経前に生じる心身の不快症状「月経前症候群」(PMS)は多くの女性が経験していますが、そのうち約5%の人は重い抑うつ状態になるとの報告があります。
これを「月経前不快気分障害」(PMDD)といいます。


症状としては、感情のコントロールがきかず攻撃的・暴力的になったり、人とのコミュニケーションがとりづらくなるなど、日常生活に支障をきたすような精神面の変化が起こります。
自分がつらいだけでなく、家事や仕事の作業効率が下がる、物事への集中力が続かない、対人関係の問題を引き起こしやすいといった周りへの影響が大きいことも特徴です。
何らかのトラブルに直面すると症状はますますひどくなり、悪循環におちいってしまうので、症状については家族や仕事仲間などの理解を得ておくことが大切です。


基礎体温表をつけて自分の月経周期を把握することはもちろん、日頃からストレスを溜めず、肩の力を抜いてゆったりと生活するよう心がけましょう。
多くの場合、月経がはじまれば症状は自然と消えていきます。
治療については、抗うつ剤や精神安定剤などを使った薬物療法が一般的ですが、漢方薬や代替療法を用いた体質改善策も効果的です。



1 2

ドクター自らが無料相談にメールで応じております。

当院の治療方針は、ご自宅に帰られた患者様を引き続きしっかりとサポートしていくことです。
ドクター自らがメールによる無料相談に応じておりますので、
ご不安やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

無料メール相談へ