医道喜生クリニック

婦人科系トラブル

子育て

子宮内膜症

月経のしくみは、“子宮の内側にある子宮内膜が一定の周期で増殖し、受精卵が着床しなければ子宮内膜ははがれ落ちて出血する”というもの。
しかし、この内膜組織が子宮以外の場所で月経のたびに増殖し、はがれて出血するというサイクルをくり返すことがあります。
この際の血液は膣から外へ出ることができず、固まって周りの臓器に癒着・炎症を起こし、症状としては強い月経痛を生じます。これを「子宮内膜症」といいます。


月経痛の程度は患部の場所や大きさにより異なりますが、鎮痛剤を服用しても痛みがおさまらないことはよくあります。下腹部の痛みだけでなく頭痛や吐き気をともない、月経血の量が多い、月経期間が長いなどの場合は子宮内膜症を疑ってもよいかもしれません。


治療は薬物療法が中心で、症状が進行すれば摘出手術を受けることもありますが、手術は妊娠を希望しない患者さんに限られます。
また、子宮内膜症は再発しやすいという特徴があるため、治療後も定期検診は欠かさず受けるようにしましょう。


子宮筋腫

子宮の壁は平滑筋という筋肉でできていますが、この筋肉層の一部の細胞が異常に増殖して良性のしこりとなった状態を「子宮筋腫」といいます。
なぜ細胞が異常に増殖するかはわかっていませんが、30歳以上の女性に多く症状が見られ、閉経後にはしこりも自然と小さくなることから、エストロゲンという女性ホルモンの影響と考えられています。


女性ならば誰でもなりうる病気で、しかも自覚症状がほとんどないことから、子宮筋腫と気づかずに生活している人も少なからずいることでしょう。


子宮筋腫は、どの場所にできるかによって「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」「しょう膜下筋腫」「頸部筋腫」の4タイプに分かれます。
どのタイプであっても、筋腫が大きくなるにつれて自覚症状があらわれ、月経血の量が増えて期間も長くなります。子宮が圧迫されることで頻尿や便秘になったり、強い月経痛を引き起こすこともあります。


治療法については、日常生活に支障がなければ年1回程度の定期検査で経過を観察します。
しかし、場所や大きさによっては不妊の原因となるため、妊娠を希望する場合にはホルモン療法(ホルモン剤で筋腫の成長を抑える治療法)で筋腫を小さくしたり、手術で筋腫を摘出する治療法を選択することもあります。


婦人科系のがん検診

近年、若い女性のがん患者数が増えています。20~30歳代でのがん罹患の内訳を見てみると、子宮頸がんが全体の約4割、乳がんが約2割であり、これは女性の社会進出にともなうストレスフルな生活が影響しているのではないかと思われます。


とくに子宮頸がんの低年齢化は顕著です。年齢が上がるほど多くなる他の部位のがんと違って、性交渉が活発な若い年代でHPV(ヒトパピローマウイルス)感染の増加がみられます。


多くの自治体では、30歳以上の住民を対象として無料のがん検診を実施しています。
子宮がんや乳がんは遺伝的要因もあるため、身内に罹患した人がいる場合は30歳より前から検診を受けたほうがよいでしょう。
また、自治体が行う子宮がん検診は子宮頸がんを対象とするものであり、子宮体がんの異常を見つけることはできません。40歳代からリスクが高まる子宮体がんの検査もあわせて受けるようにしましょう。


更年期障害

一般的に閉経を50歳前後とみると、その前後数年間、個人差もありますが40歳代半ば頃から50歳代半ばまでの時期を更年期といいます。
言い換えれば、卵巣の機能が低下してエストロゲンという女性ホルモンの分泌が徐々に減少し、月経が完全に停止するまでの期間です。


40歳代半ばになり、これまで正常だった月経周期が乱れ、月経血の量も変化するなど月経不順が続くようであれば更年期のサインとみてよいでしょう。
ホルモンバランスの崩れによってさまざまな不快症状(不定愁訴)に悩まされることも多く、肩こりや腰痛、頭痛、めまい、動悸、発汗、のぼせ、冷え、顔の火照りなどの症状がよくみられます。
イライラしたり、気分が落ち込むといった精神面の不安も生じやすく、こういった身体的・精神的不調により日常生活に支障が出ることを「更年期障害」といいます。


閉経とは、女性にとって人生の大きな節目。ホルモンバランスの変化により不快な症状が出ても、その変化に体が慣れるにしたがい症状はおさまっていきます。これまでの生活リズムを見直し、ペースダウンして更年期を乗り切りましょう。


当クリニックでは、カウンセリングで心のケアを行うとともに、症状に応じて薬物療法、漢方療法、代替療法などの適切な治療を行っていきます。


不定愁訴

疲れがとれない、微熱が続く、体の節々が痛い、めまいや耳鳴りがする、頭が重い、わけもなくイライラする、夜なかなか眠れない…。こういった自覚症状をもちながら、病院で検査を受けても異常が認められない身体的・精神的不調のことを「不定愁訴」といいます。
また、症状のあらわれ方が一定ではなく、状態がよいときと悪いときの波があることも不定愁訴の特徴といえるでしょう。


とくに閉経を迎える更年期には、卵巣機能の低下によってホルモンバランスが変化し、自律神経にも乱れが生じます。そのためにさまざまな心身の不調を引き起こしやすくなるのです。


不定愁訴は身体的要因・精神的要因・環境的要因が複雑にからんで起こるケースが多いため、原因を見つけることは容易ではありません。
当クリニックではじっくりとカウンセリングを行い、独自の検査方法によって体の状態をくまなく調べ、不調の原因を明らかにします。
そして、症状やその原因に応じて薬物療法、漢方療法、代替療法などの適切で効果的な治療を行っていきます。



1 2